先輩の声

先輩の声 小塩さん

仕事内容

施工状況や安全状況などを毎日現場へ行って近くで確認し、作業日誌や作業指示書などの書類の作成も行っています。

仕事のやりがい

現在、私は消波ブロック製作据付工事に従事させていただいています。

地図には残らない工種かもしれませんが、津波など、大きな災害が起きた時、一番に市民や県を守る盾を造っていると思うと、とてもやりがいを感じ、誇りをもって仕事をしています。

入社のきっかけ

私は、高校3年間で土木建設の重要さや奥深さを学び、土木建設の現場監督として社会に貢献したいと思い、様々な土木分野で活躍しているこの会社に魅力を感じたので入社させていただきました。

後輩へのメッセージ

学生生活の中で色々なことを学び、経験して、自分が一番興味を持った、魅力を感じたことに挑戦することが大切だと思います。

また、性別を理由に職業を諦める必要はないと思います。女性だからこそ役に立てることはたくさんあるので前向きに頑張ってください。

先輩の声 木村さん

仕事内容

現場監督として下請け業者さんの方たちが安心安全で働けるように現場を整理すること、またスムーズに作業をできるように段取りなどを行っています。安全書類などの作成も行っています。

仕事のやりがい

日々成長できていると感じることができること。

入社のきっかけ

地域密着型のため、自分がやる仕事が地元の発展につながるというところ。

様々な分野の工事を行っているから。

後輩へのメッセージ

覚える仕事の量が多く大変だと思いますが、そういう時は自分だけでなんとかしようとせずに先輩方に相談し解決していくことが大切だと思います。

学生と社会人とのギャップは大きいと思うのでまずは社会人として大切なことを学ぶことが重要だと思います。

先輩の声 松﨑さん

仕事内容

安全を第一に考え作業を行っています。

現場監督として、下請け業者さんと話し合い危険箇所や注意する所を把握し、

下請けさん達が作業しやすく、安心で安全な現場を作っていけるように努めています。

仕事のやりがい

現場では分らない事が多いですが、先輩方や下請け業者さん達に大切なことや技術的なことを沢山教えて頂き、成長できることです。

入社のきっかけ

工事した所や作ったものが一生、形や地図に残るといった事にやりがいがあると感じたから。

後輩へのメッセージ

自分は土木の事を全く知らずに入社しました。

ですが、一日一日真剣に取り組むと学べる事が多く、成長ができます。学生から社会人になると大変なことが多いと思います。仕事も頑張らないといけませんが、まず社会人として大切な事を少しずつ学んでいってください。

先輩の声 堀口さん

仕事内容

工事現場において、協力会社の方が働きやすい環境整備や段取り。

作業日誌や作業指示書等の書類作成も毎日行っています。

仕事のやりがい

一つの工事でとても多くの方と接します。その方たちに施工の手順や方法を教えてもらうことで日々学び、成長できること。

入社のきっかけ

土木の知識がない中での入社でしたが、何年も形として残る物に携われることに惹かれ。縁あって入社させていただきました。

後輩へのメッセージ

働いていく中で、今までの学びとのギャップを感じることがあるかもしれません。

しかし、学んだ知識は無駄にはなりません。今までとこれからの学びを組み合わせ自分の力に出来るよう頑張ってください。

先輩の声 北沢さん

仕事内容

本社営業管理部にて工事の積算業務を担当しています。

仕事のやりがい

設計書や図面と向き合う仕事なので、多くの知識を得ることができるので自分の成長に繋げることができる為。

入社のきっかけ

地元の企業で幅広い種類の工事を行っていて、自分も入社できたらそれらの工事に携われると思ったから。

後輩へのメッセージ

仕事をしていく中で、分からなかった事が分かるようになったり、分かったと思った事が分からなくなったりと、

大変な事が多いかと思いますが一つ一つクリアーしていき自分の力にしていって下さい。

先輩の声 鈴木さん

仕事内容

現場監督として、下請け業者等と打ち合わせを密に行い、段取をスムーズに行うことでみんながストレスなく納得して工事を進められるよう努力している。

仕事のやりがい

就職1年目、工期に余裕がなく、現場の職員で意見を出し合っている中で自分の意見が採用された。
その結果工程が短縮され早期完成に貢献できた。

入社のきっかけ

地方勤務が基本的になく地元で働くことが出来る為。

後輩へのメッセージ

自分の魅力を伝えることももちろん大切ですが、その企業に就職したいという熱い思いを伝えることが大切だと思います。

先輩の声 小澤さん

仕事内容

工事現場における施工管理を行っています。
安全かつ経済的に工事を進められるように発注者と打合せをしたり、品質を保ちつつ効率的に作業できるよう下請け業者さんたちと協力して現場を運営していきます。
発注者、地域住民、現場に従事する方々などたくさんの人と接する機会が多い為、相手との信頼関係が築けるようTPOに応じた言葉の使い分けなどコミュニケーションのとりかたは大事になってくると思います。

仕事のやりがい

入社4年目の時、初めて自分が責任者の現場を請け負った。
工事の規模は小さかったけど、プレッシャーもあった為、竣工時は特別な達成感を感じることができた。

入社のきっかけ

基本的に静岡県内での公共事業が仕事のメインとなる為、自分の仕事が地元の発展・繁栄の一端を担えるというところ。
社員も地元の人間がほとんどなので、話もしやすく、いい人間関係を築きやすいと思います。

後輩へのメッセージ

同じ業種でも各企業それぞれのカラーがあると思います。新卒での就職活動は1度しかないので、何を重視するのかたくさん悩んで納得のいく答えを出して下さい。

先輩の声 小林さん

仕事内容

現在は清水区由比寺尾の交差点箇所において渋滞解消を目的とした交差点の立体化に伴う改良工事を行っています。その中で私の担当は現場にて測量を行ったり構造物の写真撮影や出来形測定等を行い、工事の管理をしています。

仕事のやりがい

私たちの仕事は一人では達成することはできません。職人さんとのコミニケーションを密にとり現場を進めていきます。様々な問題が数多くでてきますがそれらを乗り越えて個々の構造物が完成したときはとても感動します。また工事が終われば次の現場にいき、新たに多くのことがチャレンジ出来て、とてもやりがいがあります。

仕事のやりがい

入社のきっかけ

私は、高校で土木の勉強をしていました。その時、授業の中で実際に測量をしたり、コンクリートでちょっとした構造物を作ったりと実習が多くあり、土木に興味を持ち始めました。
その後、進路を決める際、静和工業を見学させてもらい、道路や山だけでなく海、河川等の様々な工事をしていることに驚きました。「静和工業に入ったらいろんな事を体験し学ぶことができて自分が成長出来る」と感じチャレンジしてみようと思ったのがきっかけです。

後輩へのメッセージ

私たちの仕事は覚えることが数多くあり後輩のみなさんも多くの問題を抱えていくことになると思います。しかし先輩方から多くのことを学び、問題を解決していくことで土木の仕事のやりがいを感じてください。